鼎泰豊で小籠包

台湾で有名な鼎泰豊に行ってきました
私、ずっとティンダイフォンだと思ってました
ディンタイフォンだったんですね

で、ディンタイフォンでの目的は小籠包ではありません
これです
a0183009_1329055.jpg

アンコ入りの豆沙小包(160元)
小籠包の薄い生地の中にぎっしり入ったアンコ!
あの薄ーい生地なので、全力でアンコが食べれます。
アンコ、大好きです。シアワセー
妹がディンタイフォンに行ったら絶対これ!とすごい勢いで勧めていたので、
今回は絶対食べる!と台湾に行く前から決めていました

ただ、これ、出てくるまでに時間がかかります。
そして、せっかくディンタイフォンに来たのに?と我慢できずに注文

小籠包!(190元)
a0183009_13341985.jpg

そしてエビシュウマイ!
a0183009_13343180.jpg

エビー!
さすがディンタイフォン
小籠包頼んだら、間髪いれずに来ました。
まあ、あれだけ入り口でみんなせっせと作ってますし、お客さん皆さん必ず注文する小籠包ですからすぐに出てきました。
やっぱり台北で食べる小籠包は美味しいです
ディンタイフォンに来ると必ず頼むのが、この二つ。

そして、妹のお勧めだったサンラータンも頼みました。
3人で中サイズで十分です。
確かに具沢山だったのですが、期待が高かったのでんー、味が薄い?と感じてしまいました
ディンタイフォンですが、塩持ってきて、ラー油も、お酢もとお願いして味付け味付け。
サンラータンはちょっと出てくるのに時間がかかります。

今やディンタイフォンは日本でもありますし、他の海外でも見るのですが、一番台北が美味しい気がします。
本場だからというのもあるかとは思うのですが、他のところで食べるとなんか違うなーと思うことが多々ありました。
今回の台北でのディンタイフォンはやはり美味しかったです。

ディンタイフォンを出たら携帯ストラップなどを売ってるショップがあって驚きました。
いつの間にか小籠包をフューチャーしたマスコットまでできてたんですねー
[PR]

by puccipuci | 2011-01-15 13:22 | *台湾 2010