圍爐で酸菜白肉鍋

念願だった酸菜白肉鍋を食べに行きます。
以前妹と母に酸菜白肉鍋のおいしさを力説され、すごーく気になっておりました。
ようやく行けます。
予約は中国語ペラペーラの妹にお願いしました。行ってみると満席!予約必須です。
a0183009_16194897.jpg



***ブログランキングに参加しています。***

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村



席に着くとすぐに小菜(おかず)が運ばれます。
運ばれた小菜(おかず)は全部料金が発生しますから、いらないならいらないと言いましょう。
いるものはこれ、と指させばそれだけの料金を取られます。
a0183009_16204228.jpg

私たちは小菜のしじみの醤油漬けをお願いしました。

酸菜白肉鍋ですが、運ばれてきたしゃぶしゃぶ鍋のような鍋。
a0183009_16215813.jpg

見た目はお鍋いっぱいの白菜。
白菜だけ?白菜だらけ?もしかして酸っぱい鍋?と心配です。
a0183009_16221450.jpg

お鍋にはすでに細切りされた酸菜(酸菜は白菜のお漬物のようなもので発酵させているようです)。

それが掘ってみるとカニやエビや、牡蠣や豚のバラ肉が入っています。
まさに宝探しか?状態。
だからこのお鍋だけで十分なダシがでてるんですね。
a0183009_1621404.jpg

そして具材を選びます。まずにくー!にくー!ということで羊肉。あと、野菜もねーということで豆苗を選んだつもりが・・・なんじゃ、これ?
妹いわく、さつまいもの葉っぱだということ。食べたら意外とおいしかったです。
ここから具材の追加注文ですよ。イカ団子に餃子にしめじに・・・あとなんだったかな。
店員さんが持ってきてくれると何にも言わずに全部ぶち込みます。なので自分で入れて・・・なんてことはできませんでした。餃子はもうちょっと後で入れたかったなぁ。
a0183009_16223056.jpg


ここはたれも自分で作ります。
基本、これ全部入れるらしい。
a0183009_16212436.jpg

戸惑っていた私をよっぽどかわいそうに思ってくれたのか、台湾人のカップルがたれの材料を教えてくれました。
で、私のつたない中国語だとシーマージャンと醤油を多め、他は半分から少なめでいいとのこと。
お酢好きなので、黒酢も多めに入れて、ネギと香菜もたっぷりたっぷり!
辛いのも好きなので、唐辛子も。これすごく辛いから気をつけなよとアドバイスしてくれた妹にはいよーと返事をしながら別皿に唐辛子てんこもりで持ってきました。

私としてはこのお鍋すごい好き!
野菜もたっぷり取れるし、お肉もしゃぶしゃぶで食べれるのでヘルシー。たれも自分好みで作れるので(おいしく作れないと悲惨っていうのもあるけど)楽しい!
香菜好きなのでたーっぷり入れられるのもステキ。
それに追加の具材で注文した、えのきだけと餃子は是非注文してほしい!
味がしみ込んで、本当に美味しいんですよー
いか団子は、あれ・・・?って感じでしたけど。
もう動くのもイヤ!っていうくらい食べましたよ。

余談ではありますが・・・ひどい便秘症の私、このお鍋食べた翌日すごーく快調。びっくりしました。
おいしく食べて、この効果!?と思いましたが、これよーく思い出すと野菜がてんこもり鍋ですね。
でも味も量も、お腹にもうれしいお鍋です。←私にとって。
それに、台湾人のお客さんは鍋の余ったものをそのままお持ち帰りに。
なので、鍋のスープから、具材から、ビニール袋に入れてくれます。
それもまた不思議な光景

次もまた行こう!!


MRT板南線「忠考敦化」駅3番出口から徒歩10分ほど。出口を出て明曜デパートを前に右へ曲がってまっすぐ歩き、5つ目の筋の右角にあります。
[PR]

by puccipuci | 2011-09-19 09:39 | *台湾 2011.8