Wホテルのディナーブッフェ⑩

ながーくなりましたが、これで最後。
Wホテルのブッフェでちょっと気になった点:
(たまたまだったということもあります。こういうこともあるのね位で)

*フロアのスタッフさん、日本語、英語通じません。って、Wホテルなのに?
マネージャーらしき人を毎回連れてきてました。マネージャーらしき人は英語ぺらぺらなので大丈夫です。日本語も勉強中だって。がんばれ、マネージャーさん。

*コックさんがお勧めの料理を色々持って席を回ってきてくれます。
この料理はブッフェ台にはないので注意!ただ、各テーブルを回ってきてくれるのはいいのですが、私たちのテーブルはスルーでした。
周りの台湾人のテーブルは毎回声掛けしてましたけど。私たちには2度ほど来てくれましたが、その他は見事にスルーされました。外国人だから?

*お酒を飲まない文化なのでしょうがないって言えばしょうがないのですが、ワインをボトルで頼んでも注ぎには来ません。って、これもホテルでいいのか?サービス料も払ってるのに。
グラスが空いたらスタッフがワインを注いでくれるのは国が違くても共通のサービスかと思うのですが・・・(ホテルは特に)
で、もう手酌で飲んでましたよ。

*ワインをボトルで頼んだところフロアスタッフリーダー(?)が私たちのすぐ後ろで歩き回っているスタッフさんに「この人たちは日本人だから」と何やら長々と説明。ワイン頼んだから?注ぐように説明?何もすぐ後ろで説明しなくても・・・しかも指差してるし、そんな長々と説明しなくても・・・日本人、日本人って連呼しなくても・・・

*これもお酒を飲まない文化なので・・・お酒(ビール以外かなぁ。ビールは台湾人でも飲むから大丈夫なのかもしれないけど)を頼むとお会計がすごーく時間がかかります。
お会計をお願いしたところ、チェック台でワインの瓶とワインリストをにらめっこ状態。
見つからないとなると他のスタッフを呼んで探す・・・ってフロアのスタッフ全員集まってワインリストからワイン探しですよー!
ウォーリーでも探してんのかい!って感じでした。よっぽどチェック台に行って、これですよって言おうかと思いました。

気になったところはありますが、全体的には満足できるブッフェでした。

他のホテルと比べて席数も少ないのでガヤガヤしていたり、子供が暴れまわるといったこともありませんでしたし、フロアスタッフの人数も多いので、すぐに空いたお皿は下げてくれますし、空いている席はナプキンもたたんで置いてくれる配慮もしてくれます。
常に歩き回って客席を気に掛けているので困ったことがあるとすぐに助けてくれたり、写真を撮ろうとしているグループがあるとすぐに行って全員の写真を撮ってくれるなど細やかなサービスをしてくれます。
ワインもマネージャーさんと相談してたら、ちょっと待ってって迷っているワインをバーから持ってきてくれてテイスティングさせてくれたし。
料理は一品一品の満足度は高い。それにシーフード料理が多いのでそれもポイント高いかも。
台湾料理、中華料理は少ないです。思い出す限りでセイロ(どっちがでてくるかわかんないけど、シュウマイか餃子、肉まんかあんまん)鶏と豚肉を焼いたもの、焼きそばくらいかなぁ。
デザートはまったくもっていけてません。
なので台湾料理やデザートを重視している人、品数多いほうがいい!っていうひとには向かないかもしれません。
私はまた行きたいブッフェです。今度台湾行ったらまた行きたいなぁ。


***ブログランキングに参加しています。***

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

ポチっとしていただければ嬉しいです。


********************************************
[PR]

by puccipuci | 2011-10-01 08:29 | *台湾 2011.8