全国の名物地ビールde忘年会!by ブロぐるめ!

まずはちょっとお勉強です。
協賛していただいた日本ガラスびん協会さま全国地ビール醸造者協議会さまからレクチャーを、お食事は株式会社47CLUB さまがご協力くださいました。

ではお勉強!
地ビールです。
全国地ビール醸造者協議会さまから教えていただきます。
舌を噛みそうなお名前です…
a0183009_10341071.jpg

a0183009_1034311.jpg

一年目で地ビールって北から南までこんなにできたんですね。
この中で私が知ってるのって、二つしかありませんでした…
そしてビールの種類も
a0183009_10375624.jpg

ビールって色の違いとか、味が軽いとか濃いとかってくらいしかわかってなかったかも。
作り方でこんなに違いがあるんですね。
ここで初めてエールとか、ピルスナーの違いがわかりました。。。
てっきり作ってる国が違うから呼び方が違うだけなのかと思ってました。
こうやってお勉強すると、作り方も全く違うんだと改めてわかりました。
それに地ビールって酒造元が作ってる所が多いんですって。
たしかに、もうお酒のノウハウがあるのだからビールも作れるのか。なるほどー
ちょっとビールの見方がかわったかも。ちゃんと覚えられれば…ですが。
でも最近ビールを専門に扱うレストランやパブとかも増えているのでこういう知識があるとより楽しいですよね。

では次は日本ガラスびん協会さま
a0183009_10465597.jpg

この指し棒といい、プリゼンテーションしてくださった方といい、お茶目すぎます。。。
YES!BEER!
この方、瓶のデザイナーさんでした。
a0183009_1050925.jpg

ガラス瓶はエコ!
私も普段買うオリーブオイルは瓶持参で買いに行きます。
最近、そういうお店増えてるかも。
そして
a0183009_1052258.jpg

こうやって図式化されるとすごくわかりやすいです。
そそぐ音がいい!確かにそうだー!あのトクトクトクって音がいいんですよねー
あの音は瓶じゃないと出ませんしね。
高級感も確かに瓶だからってのもあり。缶ビールより、瓶ビールの方が魅力的ですもんね。
缶の地ビールも飲んだりしますけど、やっぱり高級感があって、特別な感じがあるのは瓶だわ。

そして瓶デザイナーさんから聞いたお話。(食事中に質問しまくった)
地ビールを造るには大手メーカーができないような商品を作ろうとこだわってこだわって作っているのだそう。
で、中身にすごーくこだわるので、瓶にもこだわりがあるそうでメーカーさんからこういう色で、こういう形で…って外見にもこだわるんですって。
海外の瓶ビールって、瓶の形も色も、ほとんど一緒なような…
でも日本の瓶ビールって、それぞれ結構色も形もちょっと違うような…
で、日本の地ビールの瓶で茶色が多いのも茶色の瓶だと紫外線をシャットアウトするので中身(ビール)の劣化を防いで鮮度を保つのだそう。←なるほどー
で、瓶デザインなのに、瓶と一緒にラベルのデザインも注文されるらしい←へぇー
そりゃ瓶のデザインや形もお願いしてるんだから、ラベルもお願いした方が全体把握しやすいもんね。

今回のお二人のレクチャーは短い時間でしたが、へぇー…、そうなんだー…。なるほどーっていうのの連続でした。
結構面白くってためになったし。

このレクチャーを踏まえて、これから飲むビール、ちょっと楽しくなりそう。
もちろん、期待のお食事もですー!!
クエ鍋!


地ビール、お鍋を提供してくださった47CLUBさま→☆

全国地ビール醸造者協議会(JBA)さま→☆

良いものはいつもガラスビンの日本ガラスびん協会さま→☆


***ブログランキングに参加しています。***

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

ポチっとしていただければ嬉しいです。


********************************************
[PR]

by puccipuci | 2011-12-22 14:46 | モニター・イベント